【書評】情報だけ武器にしろ。堀江貴文著

どうも、こんにちは。

こまつなです。

 

あなたは普段、どれだけの情報に触れていますか?

そして、どれだけ意識的に情報をインプットし、アウトプットに繋げていますか?

 

本書を読むことで、情報に対する考えを一新できます。

情報をインプット、アウトプットする方法が書かれています。

情報がいかに大事かをあらためて理解し、今後の人生で武器にすることが重要です。

では書評していきたいと思います。

こまつな

いってみよう!

 

シャワーのように情報を浴びろ

情報収集を怠ることは、社会的な「死」を意味する。

大変なときこそ、情報を集める。

ホリエモンによると、情報は「質より量」だそうだ。

なぜなら、使える情報を見極める選択眼が必要になります。

しかし、いきなり情報収集を始めて「質」を気にしても選択眼が養われていないため、効率が悪い。

だからこそ、「質より量」

圧倒的な情報をインプットするには、効率も重要になってきます。

 

そこで、僕がオススメするのは、RSSアプリです。

RSSアプリ
いくつかのサイトをわざわざネットで切り替えずに、アプリ上でいっきに見ることができる。

 

極論を言うと、取り入れた情報は、すぐに忘れてもかまわない。

安心してください。

インプットした情報はすぐに忘れてもいいんです。

なぜなら、人間の脳は本当に必要な情報は案外覚えているものだからです。

こまつな

「そーいやー、あの時こんなのあったけ?」みたいなイメージ

必要な時に、情報な一部を覚えてれば、あとは検索するだけです。

 

英語学習のコスパは高い

英語のメリット

①世界の情報にアクセスできる

②日本の常識がおかしいところに気づく

普段、ほとんど日本語のキーワードで検索しますよね?

まず日本語使われている国は日本だけです。

しかし、英語は世界共通語となっているため、様々な国で使われています。

それによって、情報量が日本語は英語に絶対的に劣ります。

だからこそ、英語での情報収集ができれば、守備範囲は格段に広がります。

 

アウトプットを試みることが、天職との出会いになる

アウトプットするには「見切り発車」でいい。

走り出すうちに、新たな知見が増え、質も上がる。

上記はまさに本書の本質であった部分。

自分がまさにそうであると思います。

ブログは趣味に読書のアウトプットの場として始めました。

始めた当初はまさしく見切り発車。

わからないことも多かったが、なんとなくやっていくうちにブログに関する知識も増えてきました。

そして今では、普通に更新できるようになっています。

今もし、アウトプットしていないなら、Twitterのつぶやきくらいからでも始めてみるのもオススメです。

 

書評まとめ「情報だけ武器にしろ。」

「情報だけ武器にしろ。」いかがでしたでしょうか?

まとめ

シャワーのように情報を浴びろ
英語学習のコスパは高い
アウトプットを試みることが、天職との出会いになる

情報収集に興味があり、インプットとアウトプットの方法を知りたい人は必見です。

本書は上記以外にも、

  • 情報は「狩り」にいけ!
  • 情報を所持することは、未来を見抜くことだ
  • 誰でも技術を簡単に学べる時代
  • アウトプットするから情報が価値を持つ
  • おかしな情報はスルーする

などなど、ホリエモンの普段の情報の扱い方について学べます。

インプットとアウトプットが足りていないと思う方は読んでみてください。

それでは、次の記事でお会いしましょう。

こまつなでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です